カミュプリィは速く少ない労力で効果的な情報システムを開発しています。コストパフォーマンスを最大にするために、世界での実績が飛びぬけて多い開発プラットフォームで開発することをお勧めしています。

 DXにおいて、顧客にアピールし他社と競争する領域(競争領域)では、会社の独自性をだすものを労力をかけて開発しているはずです。そうではない非競争領域では、現場が中心となって少ない労力でササッと開発してしまうのが合理的であり経済的でもあります

 また、少数の担当者しか使わない機能は、その担当者が使いやすい機能を自らつくってしまうのが理想です。

 カミュプリィは、世界で30年以上の実績がある開発プラットフォームであるノーツ(ノーツ・ドミノ・ノマド)を強く推しています。ノーツを使ったDXを支援する事業をおこなっています。

 ノーツは1989年に発売開始され、日本では大企業や、国・地方公共団体を中心に普及しました。数十人の従業員が働く企業がノーツを導入するというので、支援したことがあります。
 ノウハウを蓄積する業務では、わずか数人のチームがノーツを有効利用することもあります。ノーツの利点は、雑多な社内業務にあわせて、色々なアプリを幅広いひとがつくれるところです。特定の業務担当者だけが利用する便利機能を追加することや、それぞれのユーザーが必要とするデータだけを見せることもできます。またユーザーが自分にとって使いやすいように表示を変えることができます。

 グーグル(Google)が誕生した1998年には、既にノーコード(一般ユーザーによる設定だけの開発)・ローコード(パソコンに強いユーザーによる開発)・プロコード(専門のエンジニアによる開発)の全てに対応していました。
 かなり先進的なプラットフォームでしたが、当時のメーカーがバージョンアップせずに何年間も開発を放置したためシェアを落としています。複数のシステム構築会社がノーツを他のシステムへ移行するキャンペーンをおこなったことも一因です。検索エンジンで『ノーツ』と検索すると、『終了』『移行』などネガティブなワードが目に付きます。ノーツは圧倒的なシェアがあったからこそ、『終了』『移行』で稼げたのでしょう。
 2019年にメーカーが変わったことで、スマートフォン対応、インターネットブラウザー対応など、心がときめく魅力的な機能が次々に追加されています。今後も期待できるプラットフォームです。

Rapid Application Development Software/Platform – HCL Domino

 DXでお困りでしたらカミュプリィまでご連絡ください
 長いあいだ快適に使えるように心がけ、全力でおちから添えさせていただきます。下のお問い合わせフォームから『ホームページを見た』とご連絡ください
 カミュプリィは、ノーツを使用する企業から10年以上の長期間にわたって包括的にお任せいただいている実績があります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

カミュプリィへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

返信先メールアドレス

ご用件を教えてください *必須

お預かりした個人情報はお問い合わせの目的でのみ使用します。目的以外での保存をしません。